レタッチのいらないキャラ肌へ。コスプレイヤーの「なりたい」を応援するコスメブランド COSCOS(コスコス)

Column

porutgal

錦通りレッドカーペットパレード|世界コスプレサミット2015

2015年7月25日から8月2日に名古屋で行われた「世界コスプレサミット2015」。

私達COSCOSも初参加してきました!COSCOSがブース出展をしたメイン会場の“オアシス21”には8月1日、2日の二日間でなんと248,000人が来場。昨年度を2万人も上回る過去最大の記録となったそうです!

 

【錦通りレッドカーペットパレード】        

8月1日に「錦通りレッドカーペットパレード」が名古屋市中区の繁華街・栄の錦通りを約200メートルに渡り封鎖して行われました。13回目となる今年はオーストラリア、ブラジル、中国、ドイツ、デンマーク、スペイン、フィンランド、フランス、イギリス、インドネシア、イタリア、日本、韓国、メキシコ、マレーシア、オランダ、ロシア、シンガポール、タイ、アメリカ、香港、台湾のほか、新たにフィリピン、ベトナム、ポルトガル、クウェートを加えた26カ国・地域から52人が参加。更に見学参加国のカナダ、スウェーデンを加えた28チーム、56人がパレードに参加し、過去最高の規模となりました。

 

ご当地の有名アイドルを起用した伝統武芸などをオープニングアクトで披露するなど、来客者が興味を持つようなイベントが街のいたるところで繰り広げられていました。アイドルファン、コスプレファンの相互作用により序盤から盛り上がりを見せていました。

レッドカーペットが用意されたパレードはさすが豪華!世界各国のコスプレイヤーが参列し、更に華やかさを増します。世界各国のコスプレイヤーのクオリティも高く、ジャパニーズカルチャーの垣根を越えて、"コスプレ"がオタクジャンルから世界的にひとつの文化としてあることの勢いを感じました。欧州圏のコスプレイヤーは洋物の作品では特に目を引く美しさで、本物と言えるほどクオリティも高くかっこいい!とくにファンタジーものでは衣装の色合いに肌の色や体格顔立ちがマッチしており、とても素晴らしかったです。

finlandrussia canada

france germany denmark porutgal

日本の代表は和の雰囲気をより強調し、艶やかさと凛とした美しさを表現。着物や刀といった日本ならではのものを取り入れ、見た目も仕草も作品そのもの。拍手と歓声が会場に沸き起こっていました。

japan

アジア圏ではブームの作品に目をつけ躍動感をプラスさせており、動きもリアリティーに富んでいました。また仮想のシチュエーションの羽や触手といった小道具も細部にまでこだわりを感じられました。

thailand singapore korea

全体を通して新旧に関わらず、作品への想いを感じられました。日本から生まれたカルチャーが世界へと広がり、受け入れられていることを伝えるための作品愛に溢れたイベントだったと感じました。そして、日本の枯渇したオタクにやっぱりコスプレっていいなぁ…と思わせてくれる王政復古のような素敵なイベントでした。

今回、見学参加国のカナダ、スウェーデンの参加が新しくあったように、これからはもっと広い世界で深く、受け入れられて、共有されていくであろうコスプレのさらなる発展が楽しみになったイベントでもありました。

 

今回、コスプレサミットでのパレードを観覧し、想像以上に海外のレイヤーさんが衣装や容姿だけでなく、内面からなりきっていることがかなり印象的でした。日本の作品の仕草や動き、そして決め台詞、名台詞などはすべて日本語で完璧。カメラ目線のポーズもペアごとに構成や立ち位置などにもこだわっていました。どの国も、個性や持ち味を生かすために、キャラクター選択以外にも、バラエティーに富んだものや作品ファンにもグッと来るような名シーンのポーズなども考えられており、かつてオタク文化と言われて日陰だったジャパニーズカルチャーの世界への発展を目の当たりにしました。
まだまだ広がりの余地があるコスプレというコンテンツが世界中を巻き込んで日本の文化として広まったらもっと面白くなると感じました。これからのさらなる飛躍が楽しみです!